manga80

未分類

大友克洋「気分はもう戦争」2

大友克洋+矢作俊彦「気分はもう戦争」はギャグ漫画だと言って差し支えないだろう。そしてこの漫画は、爽快で壮大で馬鹿馬鹿しい。 今となっては分かりづらいのだが、タイトルの「気分は〜」も当時流行の雑誌ポパイがよく使っていた記事タイトルを流用し...
未分類

大友克洋「気分はもう戦争」1

大友克洋+矢作俊彦「気分はもう戦争」。 これは、前述の「さよならにっぽん」のすぐ後に出された漫画。80年の漫画だと思っていたら、81年発刊だった。。。 私が思うに「童夢」や「AKIRA」以前の大友克洋の漫画は、ストーリーをもって読者に...
未分類

大友克洋「さよならにっぽん」2

大友克洋の漫画はよくドライだといわれ、ここでもドライな表現だと言い放っているのだが、「さよならにっぽん」の中に収められている、「聖者が街にやって来る」は珍しくストーリーに若干ウェットさがある。 多くの大友克洋の漫画がドライであるのに...
未分類

大友克洋「さよならにっぽん」1

大友克洋「さよならにっぽん」は、アメリカにおける日本人について、日本人の外国でのあり方とその精神のよりどころをドライに描ききった漫画…というと、 なんとなくドキュメンタリー風だけど、本当のところ実は大友克洋自身はなにも考えてないんじゃないか...
タイトルとURLをコピーしました