「作品別」の記事一覧

石坂啓「茶番劇」1

80年代の「マンガ少年」は本当に様々な漫画を載せていた。特に「マンガ少年」は新人作家に面白い人がいたのだ。 石・・・

さべあのま「地球の午后三時」

さべあのま。甘くてやわらかい漫画だ。間違いなく少女まんがだ。 いや、それが悪いわけじゃなくて、そんな「さべあの・・・

弘兼憲史「島耕作」シリーズ

弘兼憲史の80年代の漫画「島耕作」シリーズについて私はかねがね思うのだけど、「島耕作」シリーズとは、おじさんの・・・

紫門ふみ「女ともだち」

紫門ふみの私のお勧め漫画は「女ともだち」である。どこかドライさが漂い、現実味バリバリの女性たち。旦那の弘兼憲史・・・

大友克洋「AKIRA」2

80年代からはや30数年経ち、21世紀になって大友克洋の「AKIRA」について思うのは、「AKIRA」の劇中に・・・

大友克洋「AKIRA」1

大友克洋の「AKIRA」という作品。 もうずいぶん古い漫画になってしまったのかもしれない。 「AKIRA」は、・・・

大友克洋「童夢」2

大友克洋の「童夢」は表現が新しい、ストーリーがカッチリ組まれている、テーマと主人公の取り合わせが新鮮、と陳腐で・・・

大友克洋「童夢」1

大友克洋の「童夢」は、大友克洋を一気にメジャー化した「AKIRA」の前作である。 といっても、「童夢」のストー・・・

大友克洋「気分はもう戦争」2

大友克洋+矢作俊彦「気分はもう戦争」はギャグ漫画だと言って差し支えないだろう。そしてこの漫画は、爽快で壮大で馬・・・

大友克洋「気分はもう戦争」1

大友克洋+矢作俊彦「気分はもう戦争」。 これは、前述の「さよならにっぽん」のすぐ後に出された漫画。80年の漫画・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ