さべあのま「地球の午后三時」

さべあのま。甘くてやわらかい漫画だ。間違いなく少女まんがだ。
いや、それが悪いわけじゃなくて、そんな「さべあのまの確固たる世界」が良い!といいたいのだ。

とはいうものの、さべあのまは、やさしいとか、やわらかいとか、叙情的だとかのイメージが強いのだけど、実は一遍だけ毛色の違った作品がある。
それは、80年に発表された「I LOVE MY HOME」という作品だ。

幻の漫金超という雑誌に掲載された作品で、今は『地球の午后三時』という短編集に収録されている。
(この短編集も、さべあのまの色とりどりの短編がちりばめられていて、楽しいのだ。)

「I LOVE MY HOME」については、
一般的な家庭のごく日常を描いているのだが、その家庭が不幸に向かう様をサラリと描いている。初めて読んだときは「え、あ、スゲーな」という簡単な印象を持った。
ごく日常って表現するのは結構難しい。かなり多くの人々に「あぁ、あるある」よ思わせなければならないのだ。それをサラリとやっている。
そのサラリ感が不幸と対象となってより不気味な話になっているのだ。
しかし、30年以上も前の「え、あ、スゲーな」を今もありありと思い出すというのもスゴイことではないだろうか。

やさしく、やわらかいあの絵で、こんなオチをサラリとかかれるとちょっと怖い。
「I LOVE MY HOME」は、さべあのまの、ある一面をほんの一瞬垣間見ることができる。
そして、この作品を知っているからこそ私はさべあのまが、いまだに気になるのだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ