大友克洋「気分はもう戦争」2

大友克洋+矢作俊彦「気分はもう戦争」はギャグ漫画だと言って差し支えないだろう。そしてこの漫画は、爽快で壮大で馬鹿馬鹿しい。
今となっては分かりづらいのだが、タイトルの「気分は〜」も当時流行の雑誌ポパイがよく使っていた記事タイトルを流用しているのだ。
そのころ、大友克洋の漫画をカッコいいものとして崇拝していた連中はちょっと尻のすわりが悪かったかもしれない。でも、これは大友克洋がかねてより描きたかった作品じゃないかと思ったりもする。

「童夢」や「AKIRA」以降の大友克洋にこの手の漫画があまり見当たらなくて、私は少し寂しいのだ。だけど、大友克洋の漫画を「童夢」や「AKIRA」以降しか知らない人は、ぜひとも一読をオススメする。

余談だが、「気分はもう戦争」の単行本のカバー絵は、戦車を描かせれば天下一品、プラモデルのボックスアートの巨匠「高荷義之」を起用するという本気の馬鹿をやっている。
(誤解しないでいただきたいのだが、もちろん最大の賛辞なのである。)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ