大友克洋「AKIRA」1

大友克洋の「AKIRA」という作品。
もうずいぶん古い漫画になってしまったのかもしれない。
「AKIRA」は、80年代に連載(…というより各巻描き下ろしだった)途中で映画が製作され、その後完結した漫画である。どんなエンディングが用意されているのか?それが見たくて映画館へ足を運んだ覚えがある。

ともかく大友克洋は、この「AKIRA」で一躍大メジャーとなり、
「AKIRA」の評論はあちこちでされているから、わざわざここでとやかく言う事もないだろう。ただ、ひとつほっとしたというか、良かったなあと個人的に思うことがある。
それは、この作品が一定のクォリティとパワーで破綻なく出来上がったことだ。
これだけの長期間に、ひとつの漫画を描き続けること自体大変なことで、それに作品として破綻なく仕上がるというのは相当のテンションと体力が必要だろう。

「AKIRA」はその影響力だけでなく、作品として出来上がったということ自体も喜ぶべきことだと思う。(往年の大友ファンであれば分かってくれるか?笑)
そして文句なく名作である。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ