80年代の漫画たち

80年代の漫画には現代の漫画のルーツがある

大友克洋「AKIRA」1

大友克洋の「AKIRA」という作品。 もうずいぶん古い漫画になってしまったのかもしれない。 「AKIRA」は、・・・

大友克洋「童夢」2

大友克洋の「童夢」は表現が新しい、ストーリーがカッチリ組まれている、テーマと主人公の取り合わせが新鮮、と陳腐で・・・

大友克洋「童夢」1

大友克洋の「童夢」は、大友克洋を一気にメジャー化した「AKIRA」の前作である。 といっても、「童夢」のストー・・・

大友克洋「気分はもう戦争」2

大友克洋+矢作俊彦「気分はもう戦争」はギャグ漫画だと言って差し支えないだろう。そしてこの漫画は、爽快で壮大で馬・・・

大友克洋「気分はもう戦争」1

大友克洋+矢作俊彦「気分はもう戦争」。 これは、前述の「さよならにっぽん」のすぐ後に出された漫画。80年の漫画・・・

大友克洋「さよならにっぽん」2

大友克洋の漫画はよくドライだといわれ、ここでもドライな表現だと言い放っているのだが、「さよならにっぽん」の中に・・・

大友克洋「さよならにっぽん」1

大友克洋「さよならにっぽん」は、アメリカにおける日本人について、日本人の外国でのあり方とその精神のよりどころを・・・

大友克洋「ショートピース」2

80年代の漫画のルーツと強引に決めた大友克洋の「ショートピース」。この作品集はいくつかの短編を集めた短編集であ・・・

大友克洋「ショートピース」1

80年代の漫画は、大友克洋自身とその影響を受けた人々が漫画の枠を広げたと言える。 大友克洋の個々の絵、表現、ス・・・

大友克洋

80年代の漫画でもっとも影響力のある漫画家といえば、 やはりこの大友克洋であることに異論はないだろう。 あまり・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ